サッカー

小野伸二はハーフで父親は南米人の噂は本当?妻や子供と現在の仕事は

小野伸二選手(40)は小学校3年生の頃から、一人サッカーの練習をしているのを見た少年サッカーチーム・沼津FCの監督が「お金は必要ないから入ってくれ」とスカウトが来る等天性の才能を開花させていました。

その後、1993年には若干13歳でU-16日本代表選手に選抜され、その後も各年代の代表チームの中心メンバーとして活躍し天才として有名でした。

そんな、小野伸二選手のルーツとは何なのかをご紹介させていただきたいと思います。

また、小野選手の家庭環境や現在の仕事について触れていきたいと思います。

以下が、今回の紹介項目となります。

ポイント

①小野選手はハーフで父親は南米人の噂は本当か

②小野選手の子供はサッカーをしているのか、また妻はどのような人なのか

③小野選手の現在の仕事とは

引用:小野伸二氏 オフィシャルブログ

 

小野選手はハーフで父親は南米人の噂は本当か?

小野選手は、ビデオで見たブラジルの英雄マラドーナに憧れており、少年サッカーチームの時から天才性を発揮しており、13歳ではU-16日本代表に選抜されいました。

また、1995年にはFIFAU-17世界選手権大会にも出場しています。

その後も、18歳で日韓ワールドカップに18歳の若さで日本代表に起用され、海外移籍後は欧州サッカー連盟主催の国際大会に通算7回出場しています。

そんな、小野選手ですが最近父親が南米人なのではないかと噂されています。

ネット上では、チリ人説、タンザニア説がありますが、それは本当なのでしょうか?

結論から言うと、日本人だと思われます。

以前フランスW日本代表に最年少で選ばれた時、両親がTVに出演しており何処にでもでもいそうな日本人だったそうです。

では、なぜこのような噂が浮上したのかを考えていきたいと思います。

小野選手の生育歴では、兄が4人、姉が1人、自分、弟が2人の10人兄弟の5番目の子供であり、さらに父親不在で母子家庭であり父親の情報が少なかった。

という事や、小さい頃より日々サッカーしており、日焼けして肌の色が黒く見えた事等が理由として考えられると思います。

しかし、小野伸二選手は純粋な日本人らしいですよ。

両親が離婚した理由も、子供が多く養うために行政から受ける生活保護や児童手当の割増を目的に離婚したという事が、地元では有名な定説らしいです。

 

小野選手の子供はサッカーをしているのか?また、妻はどのような人なのか?

FC琉球の小野選手は美人妻の千恵子さんとの間に二人の娘がおり、現在小野選手のみが単身赴任中で娘は東京に酢でいるようです。

一時期、小野選手が移籍などで転々としていた為、離婚説が流れていましたが、小野選手の人柄もあり仲のいい夫婦だそうです。

最近、新型コロナウィルスの影響で学校が休校となり、娘二人が沖縄に来たことを報告していました。

久しぶりに娘二人との時間を過ごされたようで、3月15日には自身のインスタグラムに、2つの動画と1枚の写真を投稿していました。

Jリーグは中断期間だが、沖縄県総合運動公園陸上競技場でトレーニングをしており、小野選手は「まだまだ~」というコメントとハッシュタグには、「体感」、「長女」、「センス」を添えて紹介してありました。

反響が大きかったのは、2つ目の動画で、長女の夏蓮さん(中3)が巧みにボールを蹴り上げ、見事にネットキャッチし、これにはファンから驚きの声が上がっていました。

インスタグラムのストーリーで、小野選手は「教えたらなんぼでもやってしまう。長女」と紹介されていた。

そのテクニックを見る限り、偉大な父親の才能をしっかりと受け継いでいるようで、今後の活躍に期待されています。

引用:小野伸二氏 オフィシャルブログ

 

小野選手の現在は?

2019年8月11日にJ1の北海道コンサドーレからJ2のFC琉球に完全移籍することとなりました。

当時の小野選手は「5年間お世話になりました。こんな自分を6シーズンも雇ってくれたクラブに感謝します。ありがとうございます。最後の日まで全力でチームと浦和戦に向けていい準備をしていきたいと思います。」

と小野選手は札幌に別れを告げました。

その後、FC琉球公式サイトでは、「少しでもチームの力となり、貢献できるように頑張ります。ファン・サポーターの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。これからよろしくお願いします。」

と新加入に際してコメントを述べていました。

FC琉球移籍後の成績は、2019年の移籍から2020の3月23日段階での出場数は10試合で得点はまだ上げられていませんが、小野選手の加入によりFC琉球がどのように変わるのか目が離せません。

 

まとめ

小野選手は、小学生時代から才能を開花させており、U-16の時からU-23 までの日本代表として活躍されてきました。

それは、南米人の父の遺伝子を継いだのではなく、日本人としての地道な努力をしていたからだと思います。

また、長女の夏蓮さん(中3)は小野選手の遺伝子をしっかりと受け継ぎ、才能を感じさせるテクニックを披露しています。

そんな、夏蓮さんに今後も注目が集まりそうです。

現在もFC琉球でプロサッカー選手として活躍している小野選手に目が離せません。

-サッカー

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.