野球

宇草孔基に彼女はいる?イケメンカープ選手の野球の経歴・成績も

広島カープにドラフト2位で入団した宇草孔基選手に彼女はいるのでしょうか。

宇草孔基選手の彼女情報やプロフィールについても紹介します。

 

宇草孔基のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

うぐさです!次のステージでも頑張ります!よろしくお願いします🌞

宇草孔基(@koki_ugusa)がシェアした投稿 - 2019年11月月15日午前1時06分PST

宇草孔基選手とはどのような選手なのでしょうか。

プロフィールや性格を紹介します。

【名前】宇草孔基(うぐさこうき)

【生年月日】1997年4月17日

【出身地】東京都墨田区

【出身校】常総学園、法政大学

【身長】185㎝

【体重】83㎏

【ポジション】外野手

【投球・打者】右投げ左打ち

【プロ入り】2019年ドラフト2位指名(広島カープ)

宇草孔基選手が野球を始めたのは小学校1年生の頃、町内のお祭りで当たったバッティングマシーンに夢中になったことがきっかけとのことです。

墨田リトルリーグで野球をはじめ墨田シニア、常総高校とチームを引っ張る選手として活躍します。

2015年と2019年には日本代表の経験もあります。

また、尊敬する選手は、同じ広島カープの鈴木達也選手のようです。

憧れの選手を追い抜くつもりで開幕スタメンを目指しています。

宇草孔基の性格

 

この投稿をInstagramで見る

 

38番に泥を塗らないように頑張っていく!

宇草孔基(@koki_ugusa)がシェアした投稿 - 2019年11月月22日午前7時16分PST

宇草孔基選手の性格は、優しい性格のようです。

性格についてのエピソードを紹介します。

宇草孔基選手をはじめ、新人選手はグラブをはじめ道具一式を新調します。

特にグラブは野球をするには欠かせない道具の1つ。

それぞれ自分の名前や好きな言葉を刺繍するのだそうです。

広島カープドラフト1位指名の森下暢仁は家族の名前を、3位の鈴木寛人選手は座右の銘を記入しています。

しかし、宇草孔基選手は名前のみしか刺繍をいれず、内野用のグローブも同じものにしています。

その理由は、「メーカーさんの繁盛時期だから時間もないだろうし申し訳ない」と思っていたからだそうです。

周りのことを気遣う人のようです。

しかし、野球のプレイに関しては違います。

朝早くから練習し、努力を重ね一軍のレギュラー獲得に必死に練習に取り組む真面目で闘争心の強い一面もあるようです。

宇草孔基選手は、努力家で優しく真面目な性格の選手です。

 

宇草孔基の彼女情報

宇草孔基選手は広島カープの間で早くも人気の選手となっていますが、彼女はいるのでしょうか。

彼女情報と人気の理由についても紹介します。

まず彼女情報ですが、現在、宇草孔基選手は彼女がいるという噂はありません。

プロ野球選手は、芸能人と付き合っていない限り結婚報告でしか彼女がいるか分からない場合が多いので、もしかしたらいるのかもしれませんが、彼女がいたとしても一般人である可能性が高いです。

宇草孔基が人気の理由

宇草孔基選手は女性ファンも多い選手です。

女性ファンが多い理由について紹介します。

女性ファンが多い理由の1つ目は、俳優の竹内涼真さんに似ているといわれているからです。

竹内涼真さんはかっこいいと評判の俳優です。

確かに少し目元が似ていますね。

活躍すればさらに脚光を浴びていずれ共演という話もあるかもしれません。

もう1つの人気の理由は、趣味にあります。

宇草孔基選手の趣味はピアノです。

実は野球をしながら、週に1回ピアノを習っていたそうです。

宇草孔基選手自身は、そんなに上手ではないと語っているようですが、何年もピアノを習っているのであれば腕前も十分ありそうです。

野球選手はバッティングなどでリズム感が必要とされることもあるので、現在の打撃に活かされているかもしれません。

また、ピアノが弾ける男性は、かっこいいと思っている人も多いのでそのことも関係し、人気につながっているようです。

 

宇草孔基のこれまでの経歴や成績、エピソードも紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

2連続のやー🙌🙌🙌

宇草孔基(@koki_ugusa)がシェアした投稿 - 2019年12月月14日午後7時31分PST

宇草孔基選手はどのような経歴があるのでしょうか。

エピソードも含めて紹介します。

宇草孔基の経歴や成績を紹介

宇草孔基選手のこれまでの経歴や成績を紹介します。

・2015年:第87回選抜高校野球大会:ベスト8

・2015年:WBSC U-18ワールドカップ出場

・2019年春季リーグ:13試合、打率:.340、4本塁打、10打点、出塁率.403

・2019年6月:日本代表選手(打率:.339、4本塁打)

宇草孔基選手の持ち味と言えば俊足です。

高校時代、春の選抜高校野球大会の初戦で大会タイ記録の1試合5盗塁をはじめ数々の盗塁を決めています。

その俊足を広島カープの尾形佳紀スカウトがどうしてもほしかったとも言われています。

宇草孔基選手がつけることになった背番号「38」は、昨年引退した俊足の赤松真人さん(現広島カープコーチ)の背番号です。

その背番号の期待通り、2020年の新人自主トレーニングで計測した30秒で3秒98という記録をたたき出しています。

これからの活躍に注目です。

宇草孔基は挫折から這い上がった選手

宇草孔基選手は強豪常総学園で3年間活躍し、法政大学に入学後も1年生の春からベンチ入りしますが、その後、3年生の春まで11試合しか出場していません。

怪我をしていた訳ではなく打てなかったからだそうです。

日本代表まで選ばれていたのに意外な結果です。

これまで宇草孔基選手は足が速い選手ですので、足をいかしたバッティングをしており、そのことが相手のバッターに攻略されてしまったことが原因のようです。

大学3年次にバッティングフォームを「走り打ち」から「しっかり振り切る打ち方」に打撃フォームを変えることで打率も戻り、スタメンも獲得しています。

その時の挫折を宇草孔基選手は座右の銘でもある「ALL OK」という言葉で語っています。

「ALL OK」の意味は、すべての課程が大事だと思っているそうで、挫折をして打てなかった課程も大事だったということです。

挫折したことで一回りも成長し、2019年の日本代表、ドラフト2位指名を受けています。

今後さらに成長が期待できる選手です。

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

明日からの第2クールも食らいついていく!野球上手くなりたい!

宇草孔基(@koki_ugusa)がシェアした投稿 - 2020年 2月月6日午前5時15分PST

宇草孔基選手は、2019年広島カープにドラフト2位指名されたプロ野球選手です。

現在、彼女の情報はありませんが、俳優の竹内涼真さんに似ているということもあり、さらに人気の選手となるでしょう。

今後のプロ野球選手としての活躍にも期待です。


-野球

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.