野球

佐々木朗希選手の家族構成は?両親や兄弟との温かいエピソードも

2019年の夏、高校野球・岩手県大会での活躍が全国的に有名になった佐々木朗希選手。

彼の家族は一体どんな方々なのでしょうか?

今回は佐々木朗希選手の家族構成や、家族とのエピソードなどについて紹介していきます。

 

佐々木朗希選手のプロフィール

はじめに、佐々木朗希選手のプロフィールをおさらいしましょう。

プロフィール

氏名 佐々木 朗希(ささき ろうき)

生年月日 2001年11月3日

年齢 18歳

身長 190cm

体重 85kg

出身地 岩手県陸前高田市

ポジション 投手

経歴 岩手県大船渡高等学校→千葉ロッテマリーンズ(2020〜)

今シーズンから千葉ロッテマリーンズの一員としてプレーしています。

2019年のドラフトでは、ロッテの他にも日本ハム、楽天、西武といった、計4球団が1位で氏名していました。

大船渡高校は3年生の夏、惜しくも県大会の決勝で敗れてしまったにもかかわらず、多くの球団が1位指名したことから、佐々木選手の凄さがみて取れます。

それもそのはず、佐々木選手は1年の夏には147km /h、2年生の時には157km /hと高校に入学してすぐに驚きのスピードを叩き出していました。

また2019年には、日本代表候補の研修合宿において、非公式ながら、当時の高校生の最速記録である163km /hを計測した、とも言われています。

足も速く、50m走のタイムはなんと5秒9です!

大船渡高校時代では4番でエースという、まさに万能選手でした。

今までにない速球を投げることから、「平成最後の怪物」「令和の怪物」、同じ岩手県出身なことから「大谷二世」などと称されていますね。

これからの活躍からも目が離せません!

 

家族構成

佐々木選手は、一体どういった家庭で成長してきたのでしょうか?

佐々木選手は、父、母、兄、弟、祖父、祖母の7人家族です。

兄弟の中では次男にあたります。

ご家族を順番に紹介していきたいと思います。

父:佐々木功太さん

佐々木選手の父親は、葬儀屋として働いていました。

しかし2011年、功太さんが37歳の時に、東日本大震災の被害に遭われ、悲しいことに亡くなってしまわれています…

生前は誰にでも分け隔てなく接し、自分より他人のことを考えて行動する、素晴らしい人物だったそうです。

また佐々木選手は父親だけではなく、祖父母も同様に震災で失っています。

佐々木選手は当時9歳でしたので、どれだけショックが大きかったかは計り知れません。

現在の佐々木選手の活躍を見て、きっと皆さん喜んでいるでしょうね。

母:佐々木陽子さん

母親である佐々木陽子さんは、以前は会社員出会ったことが分かっています。

現在どうしているかは、詳しくは分かりませんでした。

おそらく息子3人を育てるために多忙な毎日を送っていたかと思います。

女手一つで3人も育て上げるのは非常に大変だったでしょう。

また陽子さんは非常に美人なことで有名です。

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【画像】佐々木朗希と契約同席の母・陽子さん(46)、献立に「ダメ出しされます」 <a href="https://t.co/cLbR2fZxWo">https://t.co/cLbR2fZxWo</a> <a href="https://t.co/TgFHjDWtTn">pic.twitter.com/TgFHjDWtTn</a></p>&mdash; NANJ of US プロ野球速報 (@nanj_of_us) <a href="https://twitter.com/nanj_of_us/status/1200922216629620736?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

 

学生服姿の佐々木選手の隣に座っているのが母親の陽子さんです。

横顔からも非常にきれいな方だということがわかります。

兄:佐々木琉希さん

佐々木選手の兄である佐々木琉希さんは、東北学院大学に通う大学生です。

2018年5月時点で大学2年生でしたので、おそらく現在は大学4年生だと推測されます。

 

実は、佐々木選手が野球を始め、続けたきっかけは琉希さんなのです。

琉希さんも以前野球をしており、佐々木選手と同じ大船渡高校でプレーしていました。

試合では4番を務め、チームの中心になっていたようです。

兄の背を追って佐々木選手も同じ高校、同じ4番としてチームを支えたことを考えると、いかに兄の存在が佐々木選手の中で大きかったかが分かります。

また兄である琉希さんは、家族の中で父親のような役割をしていたそうです。

生前、父親である功太さんは佐々木選手、弟の伶希さんには優しかったにも関わらず、長男の琉希さんを非常に厳しく育てたようです。

そして父親が亡くなってからは、父親の代わりに琉希さんが、きつく言いながら佐々木選手を育てました。

母親の陽子さんによると、佐々木選手が兄に褒められているところは一度も見たことがなく、見ていてかわいそうになるくらいきつく言われていたそうです。

佐々木選手の負けず嫌いな性格、そして野球をこれまでずっと続けられた精神力は、兄からの指導があったからなのでしょうね。

弟:佐々木伶希さん

弟の佐々木伶希望さんも野球をしています。

細かいことは分かりませんでしたが、所属しているクラブで活躍されているようです!

兄弟揃って野球のセンスがずば抜けているのでしょうね。

 

兄弟の名前を見ると…

佐々木選手の兄弟の名前を見てみると、

長男:琉希さん

次男:朗希さん

三男:伶希さん

となっています。

お気づきの方もいるかと思いますが、名前の2文字目が全員「希」なのです!

とってもかっこいいです。

一体どんな気持ちを込めて両親はこのように名付けたのでしょうか…非常に気になりますね。

 

まとめ

いかがでしたか。

佐々木選手の活躍の裏には、温かい家族の存在がありましたね。

今シーズンからプロの道に進んだ佐々木選手の、ますますの活躍を要チェックです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-野球

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.