野球

佐々木朗希のトレーニング方法とは?コツと注意点も紹介【プロ野球】

千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が、自宅でできるトレーニング方法を公開し、話題になっています。

ロッテの公式チャンネルがYouTubeに公開したこの動画は、学校が休校になり外で運動ができない小学生に向けて作られました。

しかしこの動画は小学生だけでなく、普段から運動不足の大人にも効果的なトレーニングとなっています。

外出自粛が続く今だからこそ、家でできるトレーニングで運動不足を解消しましょう!

 

股関節周りのトレーニング

全部で5種類公開されているうちの1つ目は股関節周りのトレーニングです。

こちらがやり方です。

  1. まず肩幅くらいに足を広げて立つ
  2. 手は胸の前で組み、しっかり前を向く
  3. お尻を下げスクワットをする
  4. 体を上げると同時に左足を上げ、右足一本で立つ
  5. 左足を下ろし、スクワットをする
  6. 体を上げると同時に右足を上げ、左足一本で立つ
  7. 左右合計で20回行う

 

実際にやってみたところ、お尻と太腿の裏側がだんだんと熱くなる感覚がありました。

運動不足の人はこれだけで筋肉痛になってしまうかもしれません。

このトレーニングのコツとしては、常に前方を向くということです。

下を向いていると片足で立つ際にバランスがとりづらくなってしまいます。

無理をすると怪我につながる恐れがあるので、お気をつけください。

 

バランス・股関節トレーニング

続いて2つ目は、バランス感覚と股関節のトレーニングです。

こちらがやり方です。

  1. 基本姿勢は片足立ち
  2. 上げている足を、後ろ側にまっすぐ伸ばす
  3. 手は前にまっすぐ伸ばす(遠くにあるものを取るイメージ)
  4. 基本姿勢に戻す
  5. 左右10回ずつ行う

 

実際にやってみたところ、バランスを取ることが非常に難しいです。

終了時には太腿の裏がよく伸びて、固まった筋肉が解されるような感覚でした。

慣れていない人は目一杯伸ばそうとするとバランスを崩すので、まずは自分のできる範囲で伸ばしましょう。

このトレーニングのコツとしては、腕を伸ばす際に遠くのものを取るイメージで行うことです。

遠くのものを取ると同時に足を後ろに伸ばすというイメージを持つと、バランスがとりやすくなります。

転倒して怪我をする恐れもあるので、周りに何もないか確認してからトレーニングを行うようにしてください。

 

2人1組のバランストレーニング

3つ目は、2人1組で行うバランストレーニングです。

こちらがやり方です。

  1. 2人1組で行う
  2. 1人は片足立ち
  3. 伸ばした手を相方が持つ
  4. 相方は左右上下に手を動かす
  5. 左右の足で30秒間ずつ行う

 

実際やってみたところ、相方の動かし方にもよりますが、比較的簡単にできました。

姿勢が常に前傾姿勢になり、その上でバランスを保とうとするため、意外にも腹筋に効きます。

このトレーニングのコツとしては、相方にきちんと指示をすることです。

足りないなと感じたらもっと激しめに、体がきついと感じたら緩めに、それぞれきちんと伝えることが大切でしょう。

やり方によっては怪我をしてしまう場合もあるので、相方の伸ばし方が重要となります。

 

体幹のトレーニング1

4つ目のトレーニングは、体幹トレーニングです。

こちらがやり方です。

  1. 腕立て伏せの姿勢になる
  2. 腰を動かさずに反対側の肩を触る
  3. 30秒間行う

 

実際にやってみたところ、体を動かさないという意識を持つと、腹筋や背筋にとても効果がありました。

30秒間を終えると、体全体が温かくなる印象を受けます。

このトレーニングのコツとしては、30秒間腰を動かさない意識を持つことです。

終盤は腰が動きそうになりますが、その時に堪えることで、腹筋や背筋への効果は増します。

体幹のトレーニングでは、息を止めないということも重要です。

必ずリラックスした状態でトレーニングを続けましょう。

 

体幹トレーニング2

5つ目のトレーニングは、腹筋を中心とした体幹トレーニングです。

こちらがやり方です。

  1. 仰向けに寝た状態で腕を上げる
  2. 足を上げ体をくの字にする
  3. 振り子のように体を上下に揺らす
  4. 30秒行う

 

実際にやってみたところ、このトレーニングはかなり腹筋に効きます。

普段何もトレーニングをしていないので、30秒が少し長く感じました。

腹筋に集中的に効いているわけではなく、全体的にじんわりと温かく効いているという印象です。

このトレーニングのコツとしては、ゆっくり息をし続けることです。

ゆっくり息をしてリラックスした状態で行うことで、腹筋や体幹への効果が期待できます。

30秒が長すぎると感じる方は、20秒などに短縮しても効果はあるので、無理をせず自分のできる範囲で行ってください。

まとめ

今回は佐々木朗希選手も実践しているトレーニング方法を紹介しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大で外出自粛が続く中、家の中で体を動かすということは非常に重要です。

世の中がこのような状態だとストレスが溜まってしまいますが、体を動かすことはストレスの軽減にも繋がると言われています。

しかし普段何も運動をしていない人は、今回紹介したトレーニングを全て試すと、筋肉痛を起こすことがあるでしょう。

ですので無理はせず、必ず十分な休息をとって、怪我のないようにこのトレーニング方法を試してみてください。

-野球

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.