野球

佐々木郎希の母親は美人と話題!画像や教育方針についても紹介

平成の怪物と呼ばれ、2019年のドラフトで千葉ロッテに入団した佐々木朗希選手ですが、母親が美人と話題です。

佐々木朗希選手の母親のプロフィールや画像、教育方針についても紹介します。

 

佐々木朗希の母親の画像やプロフィール、家族を紹介

佐々木朗希選手の母親は美人と評判ですが、年齢や子供は何人いるのでしょう。

簡単プロフィールを紹介します。

【名前】佐々木陽子(ささきようこ)

【年齢】46歳

【家族】

・夫:功太さん(死去)、

・長男:流希さん(大学生)

・次男:朗希選手

・三男:怜希さん(中学生)

一般人のために詳しいプロフィールは分かりませんでしたが、ロッテの契約の時の画像を見る限りとても美しく子供を3人育てた人とは思えない美しさです。

佐々木朗希選手を含め、子供も顔がかっこいいので遺伝子はしっかり受け継いでいるのではないでしょうか。

そんな佐々木朗希選手の母親ですが、実は2011年に夫功太さんが亡くなり、女で1つで子供を3人育てています。

夫が亡くなるまでは夫は葬儀社に勤め、母親はOLをしていたようですが、現在の職業は分かっていません。

しかし、現在、長男は大学生、三男は中学生、朗希選手は3月まで高校生でしたので、学校に通わせるだけでも相当苦労されていたようです。

朗希選手も含めて3人とも野球をしています。

野球選手の親は小学生の頃などは特に当番でお茶の準備などしなければならないようで、朗希選手もとても苦労かけたとインタビューで話していました。

朗希選手が大学進学しなかったのも、早く親孝行させてあげたいという思いもあったようです。

佐々木朗希選手の父親の死因については詳しく紹介します。

佐々木朗希の父親は震災の犠牲に

佐々木朗希選手が生まれたのは、岩手県陸前高田市です。

2011年の陸前高田市と聞いてピンと来る人も多いと思いますが、父親の功太さんは2011年3月11日に発生した東日本大震災で犠牲となり帰らぬ人となります。

当時父親の功太さんは37歳と言う若さでした。

朗希選手は9歳の頃ですので、辛い出来事だったでしょう。

父親の他にも祖父と祖母も亡くしています。

家は流され、仮設住宅にも恵まれず苦労した佐々木家ですが、母親の苦労が1番分かる長男で当時小学校上級生だった兄の流希さんが弟2人を父親のように厳しく接したそうです。

佐々木朗希選手がプロ野球選手になれたのは、母親をはじめ家族や周りの人の協力あってのことのようです。

そのことを佐々木朗希選手自身もとても感謝しているようで、インタビューでも感謝という言葉を沢山述べています。

今後の活躍にますます注目です。

 

佐々木朗希にとって千葉は思い出の場所

 

佐々木朗希選手の母親は、千葉ロッテがくじを引き当てた時、両手を組んで目を瞑ったというエピソードがあります。

佐々木朗希選手を含め、母親や家族にとっても千葉は思い出の場所なのだそうです。

佐々木家にとっての千葉とは何なのでしょうか。

エピソードを含めて紹介します。

佐々木朗希選手の父親、功太さんは、2010年に突然、禁煙をはじめたそうです。

不思議に思った周りの人が功太さんに聞いてみると、「家族を千葉にある東京ディズニーランドに連れて行ってやりたいから」と言ったそうです。

その為に必死にお金を貯め、2010年の暮れ、家族5人で東京ディズニーランドに行って、ライトが暗くなっても家族が楽しむ姿に功太さんも笑顔だった写真がおさめられているそうです。

その数か月後に、東日本大震災という悲劇により功太さんは命を落としてしまいます。

佐々木朗希選手を含め子供達にとっては、両親が連れて行ってくれた思い出の場所であり、母親からすれば夫が節約して皆を楽しませるために連れて行ってくれた思い出の場所です。

ドラフトで千葉ロッテの入団が決まった時、その思い出が頭によぎったのでしょう。

今でも佐々木家にとって千葉が大切な場所であることに違いありません。

 

佐々木朗希の母親は子供をどのように教育したのか

佐々木朗希選手の母親は、どのようにして「平成の怪物」とまで呼ばれる投手に育てたのでしょうか。

佐々木朗希選手の母親は、野球のことを一切助言することはなく自由に育てたようです。

野球は長男がしていたこともあり、母親ではなく兄が厳しく指導しています。

しかし、「早く寝ること」だけは注意してきたそうです。

母親はスポーツするのに必要なことだと考えていたようで、毎日午後9時に寝るように指導したそうです。

早寝の成果もあり身長は190㎝に恵まれます。

早寝の効果についてはEPSNの調査によると、一流のアスリートでもあるNBAのレブロン・ジェームス選手をはじめ、テニスのロジャー・フェデラー選手も平均睡眠時間が10時間以上と睡眠時間が長いそうです。

科学的にもスポーツは睡眠が欠かせないとされています。

この早寝の教育方針はアスリートに育てたい気持ちもあったのではないでしょうか。

この他にも栄養に気を使い、栄養のバランスがとれた食事を作っていたそうです。

佐々木朗希選手のリクエストにも答えていたようですので、今の佐々木朗希選手が体格もしっかり作れられています。

 

まとめ

佐々木朗希選手の母親はとても美人の方です。

しかし、早くに夫を亡くされ子供3人を女で1人で育てるなど大変な苦労もしています。

早寝と栄養面に気を使いながら、佐々木朗希選手を一流の選手に育てたことに違いありません。

今後、亡き父や苦労をかけた母親への親孝行を続ける佐々木朗希選手の活躍に期待しましょう。


-野球

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.