野球

佐々木朗希選手の性格は?仲間想いシャイ負けず嫌いの噂を解説

高校時代から最高時速163キロの球を投げ、現在に至るまで注目を集めてきた佐々木朗希選手。

しかし佐々木選手の魅力は球速だけではありません。

今回は佐々木選手の性格について調べてみました。

様々なエピソードと共に、彼は一体どんな性格なのか紹介していきたいと思います。

 

プロフィール

まずは佐々木選手のプロフィールをおさらいしましょう。

名前 佐々木 朗希(ささき ろうき)

生年月日 2001年11月3日

出身地 岩手県陸前高田市

身長 190cm

体重 85kg

ポジション 投手

所属チーム 千葉ロッテマリーンズ

経歴 大船渡市第一中学校→岩手県大船渡高校→千葉ロッテマリーンズ(2020〜)

目標とする選手 大谷翔平

佐々木選手は高校時代、高校生の日本歴代記録である163km /hを叩き出し、その速球から「平成最後の怪物」「令和の怪物」などと称されてきました。

また、

・星稜高校(石川) 奥川恭伸投手

・横浜高校(神奈川県) 及川雅貴投手

・創志学園(岡山) 西純矢投手

と並び、「高校四天王」とも呼ばれています。

いかに佐々木選手が日本中から注目されていたか分かりますね。

 

負けず嫌い

佐々木選手といえば、自身でも認めるほどの「負けず嫌い」であることで有名です。

負けず嫌いな性格なことが分かるエピソードを紹介します。

 

佐々木選手は以前、携帯の待ち受けを、当時横浜高校でプレーしていた及川雅貴選手の画像にしていました。

及川選手は18歳の、佐々木選手と同世代の選手です。

現在阪神に投手として所属しており、U -15に選出された経験もあります、

及川選手を選んだ理由も、「及川がU15日本代表で、中学から有名だったから」というものです。

同世代の投手を携帯の待ち受け画像にするなんて、よほど及川選手に対して闘争心を抱いていたことが分かります。

さらに驚きなのが、佐々木選手は当時、一度も及川選手に会ったことがなかったのです。

会った事もないのに待ち受けに設定し、携帯を開くたびに「負けるものか」とライバル心を持っていたなんて、とても負けず嫌いですよね。

 

またこの負けず嫌いな性格は、兄の琉希さんの教育エピソードからも伺えます。

佐々木選手は兄から上下関係やしつけを厳しくされ、「お前レベルの選手はたくさんいる」などと、佐々木選手の反骨精神を煽るような事も多く言われていたそうです。

母親の陽子さんも、

「琉希がすごく弟の朗希に厳しく接していました。

その反動で、朗希は常に兄を越えようとしていました。

野球面でも生活面でも、朗希が兄から褒められたことを見たことが無いですね。

見ててかわいそうなぐらい朗希は、兄から言われていました。」

と振り返るほどです。

というのも、佐々木選手の父親は東日本大震災の被害に遭い、亡くなってしまっています。

そこで、兄が父親代わりとなって佐々木選手を教育した、という事なのです。

佐々木選手の負けず嫌いは、兄の教育によってより強くなり、技術もメンタルの強さも高みへと引き上げたようですね。

 

野球を始めたきっかけも兄!

実は、佐々木選手が野球を始めたきっかけも兄の琉希さんなのです。

佐々木選手も、「小さいころから兄に負けないように野球を頑張ってきた」と言っているほどです。

ここでも負けず嫌いな性格が垣間見えますね。

父親代わりとしてだけでなく、野球をプレーする先輩として、兄の存在が佐々木選手にとって非常に大きいことが分かるエピソードです。

 

仲間思い

また佐々木選手は仲間を大事にする、とても仲間思いな人です。

仲間思いの性格は、高校進学の際のエピソードにも表れています。

 

佐々木選手は高校進学の際に、あの大阪桐蔭高校からのスカウトがあったらしいのです。

しかし実際は、スカウトを断り、地元である岩手県の大船渡高校に進学しました。

どうしてだったのでしょうか?

理由はなんと、「中学時代から野球をしている仲間と一緒に甲子園を目指したい」と考えていたからなのです!

強豪校からスカウトがあったにもかかわらず、何年も共に野球をした仲間とのプレーを選んだ姿がかっこいいですね。

 

意外とシャイ?

負けず嫌いで仲間思いの佐々木選手は、少しシャイな一面もあるようです。

記者会見やインタビューの際に、長身をかがめ、伏し目がちに質問に答える姿が印象的です。

これからプロ野球でプレーし、多くのインタビューを受けていく内に変わるのかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか。

佐々木選手は性格も非常に魅力的だ、ということが分かってもらえたかと思います。

プロへの挑戦は2020年シーズンからです。

佐々木選手のこれからの活躍は要チェックですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-野球

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.