動画配信サービス

DAZNのサッカー中継における実況担当者とその評判まとめ

DAZNのサッカーは国内のJリーグ、海外ではイングランドのプレミアリーグ、スペインのラリーガ、イタリアのセリエA、更にUEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグを放送しており、名物実況アナウンサーが放送を盛り上げております。

そんな名物実況アナウンサーの評判を掘り下げていきます。

 

\いますぐサッカーを無料で見る/

DAZN公式でみる

 

DAZNの主な実況アナウンサー紹介

倉敷保雄

独特な言い回しと冷静な語り口調で知られるサッカー実況のパイオニア。

ラリーガの印象が強いが、Jリーグの実況も担当しています。

下田恒幸

試合を盛り上げる熱い実況がお馴染みで、豊富な知識でプレミアリーグやJリーグを担当する。

西岡明彦

時に冷静に、時に激しい実況で、主にヨーロッパリーグやJリーグを担当する。

フロンターレの新体制発表会の裏番組を担当するなど、川崎フロンターレファンにはお馴染みの存在。

八塚浩

豊富な知識で試合を熱く盛り上げる実況が名物。

プレミアリーグやセリエAを担当する。

 

\名物実況もDAZNで/

DAZN無料お試し

 

DAZN実況アナウンサーの名言集

倉敷保雄

ゲットー!!!

これはゴールが決まった時の倉敷さんのお決まりのフレーズ。

冷静に「ゲットー!!」という声は耳に残ります。

「誰もいない駐車場で発信する時にウインカーを出すタイプですね」

どんな状況でも周囲の確認を怠らない冷静なプレイヤーを絶賛したフレーズ。

「ガスレンジからおろした熱いミルクをひとつだけ吹いてやって冷ましてやれば「おまえなら飲めるだろ」っていう感じで、クライフェルトが落としてサビオラが決めました」

かなり速く鋭いパスでも「おまえなら決めてくれる」と信頼関係を示した表現。

下田恒幸

ドーハの悲劇でアジアの列強とのわずかな差を痛感し、フランスのピッチで世界とはまだ距離があることを実感し、自国開催の熱狂で世界と互角に渡れると錯覚し、ドイツで味わった痛烈な敗北感。私たちは4年ごとに世界と向き合い、悔しさも喜びも糧にしながら、右肩上がりに邁進してきました。 しかし、誤解を恐れずに言えば、この数年の日本サッカー界と代表チームには、幾ばくかの閉塞感が漂っています。 おそらく、今の閉塞感を打破する特効薬などありませんが、それでもなお、これからピッチに立つ彼らが、今できる最大限のことはあると信じます。 表面的に『一丸となって戦おう』と声を掛け合うよりも、Jリーグの舞台で最も輝いている自分を存分に発揮してほしいと思います。 肩に力を入れて『世界を驚かしてやる』と宣言するよりも、Jリーグで輝き、だからこそ海外のクラブが投資しようと感じた自分の魅力を100%出し尽くしてほしいと思います。 それがすなわち一丸であり、それがすなわち全力です。 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ。グループEの初戦。 日本にとっての4回目のW杯。 相手は『不屈のライオン』の異名をとるアフリカの雄、カメルーンです

日本にとって4度目のワールドカップとなる2010南アフリカワールドカップ初戦のイントロダクション。

この実況には日本サッカーがこれまで歩んできた歴史が凝縮され、今大会にかける思いが溢れています。

西岡明彦

サッカーファンのみなさん、ご機嫌いかがでしょうか

サッカー中継が始まる時のフレーズ。安心感に包まれています。

レアンドロダミアーーーーーン!!

川崎フロンターレのレアンドロ・ダミアンが驚愕のゴールを決めた時のフレーズ。

スーパーゴールに対しては声を荒げて熱を伝える様子。

見てる視聴者まで引き込まれます。

八塚浩

入りましたね~

ゴールした時の表現。大きく盛り上げる訳ではないものの、どこか味のある言い回し。

いや~

展開が変わった局面。ここから試合の流れが変わる際に使うフレーズ。

それではまいりましょう

中継が始まる時のフレーズ。どこか年配の安心感を感じられます。

 

まとめ

daznサッカー中継では、他にも数多くの実況者が試合を盛り上げてくれています。

お気に入りのアナウンサー、お気に入りのフレーズなどを見つけるとサッカー中継がより一層楽しく感じられるはずです。

また、サッカー中継には実況者の他に解説者、リポーターもいます。

解説者は、実際にサッカー選手として活躍した方が多く、元日本代表選手なども解説しています。

リポーターは主に女性アナウンサーで、選手交代などのピッチ情報の他に、選手のマル秘情報なども伝えてくれます。

実況者と解説者の掛け合いも楽しいので、セットでお気に入りの組み合わせを見つけて見るのも良いのではないでしょうか。

 

\いますぐサッカーを無料で見る/

DAZN公式でみる

-動画配信サービス

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.