スポーツ選手のその後

元サッカー選手が引退後に起業した例!飲食店経営やビジネス開拓での成功と失敗

 

誰もが憧れる職業のサッカー選手。夢があり見ている人たちに力を与えることもできる本当に素晴らしい職業です。

ただサッカー選手を引退する年齢は平均すると25,6歳と非常に早く結果を出さなければサッカー選手を続けることはできない厳しい世界でもあります。

引退後、多くの方はプロサッカーチームのコーチや監督、あるいはスカウトなどサッカー関連の職業に就くことが多くみられます。

例えば現サッカー日本代表監督の森保監督やガンバ大阪の宮本監督などはその代表的な例です。

また最近では九州サッカーリーグ沖縄SV代表兼選手の高原直寿選手、J3のFC今治の代表の岡田武史さんなどサッカーチームの経営面に携わる方も増えてきました。

また海外でも本田圭佑選手もオーストリアのプロサッカーチームの実質的なオーナーになったことでも以前話題となりました。

そして今回は引退後、サッカー以外の分野で起業した元選手の例を成功例と失敗例に分けてご紹介していきます。

 

元サッカー選手の起業 成功例

鈴木啓太選手はアスリートの健康

鈴木選手は浦和レッズで主にボランチとして活躍した選手です。2006年には日本代表に選出され、翌年のアジアカップでも活躍した選手でもあります。

浦和レッズ一筋16年、現役を終えたのは2015年、当時34歳で引退しました。

そんな鈴木選手の現在はAuB株式会社の代表取締役です。

このAuB株式会社では腸内環境の改善を目指すことでアスリートのサポートを行っている会社になります。

腸内環境を改善することでアスリートのパフォーマンスを向上させています。

具体的には排便を検査し研究を行い食生活の改善などコンサルティングを行っているとのことです。

テレビ番組でも特集されることもあり、また2020年にはその活動が称えられ有名なスポーツ誌である「Forbes」のスポーツビジネスアワードのキャリアデザイン賞を受賞しています。

 

石塚啓二選手

石塚選手は1993年にヴェルディ川崎でデビューし2005年名古屋グランパスで引退をした選手になります。

FWのポジションで184cmの体格とテクニックが持ち味の選手でもありオリンピック代表候補にも選ばれたことのある選手です。

そんな石塚選手の引退後はアパレルブランドで有限会社WACKOMARIA(ワコマリア)を設立し代表取締役となりました。

その会社を約7年ほどで辞任し、家族とともになんとスペインのバルセロナへ移住されました。

こちらでもアパレルブランドのBUENAVISTA、観光事業のVIVA LA VIDAという2つの会社を立ち上げられました。

そして現在ではうどん屋のYoi Yoi Gion 宵宵祇園をこちらもスペインのバルセロナで営業されています。

スペインで非常に人気店ということで特に地元の方に愛されているお店だということです。

 

那須大亮選手

那須選手は昨シーズンの2019年にヴィッセル神戸にて引退を発表した選手です。

2002年、横浜マリノスでデビューしJリーグの優勝経験もあるDFの選手でオリンピックの出場経験もある選手です。

そんな那須選手の現在はYoutuberとして活躍されています。那須選手が投稿している動画では原口元気選手や宇佐美貴史選手など有名選手が数多く登場しています。

また動画内ではその選手の裏話やすごいと思った選手など赤裸々に語られているのでサッカーファン必見の内容になっています。

特にJリーグで活躍している選手も数多く出演されているのでこの那須選手の動画をきっかけに今年のJリーグを楽しむのもよいのではないでしょうか。

 

元サッカー選手の起業 失敗例

磯貝洋光選手

磯貝選手はJリーグ初期の人気選手でありガンバ大阪にて10番として活躍した選手です。

そのプレーから天才と評価されることも多く日本代表にも選ばれた経験を持っています。

ガンバ大阪の後は浦和レッズに所属し1998年に29歳で現役引退となりました。

サッカー選手を引退した後はもともと趣味であったゴルフの経験から1999年ゴルファーとして活動を開始しプロを目指します。

それから2006年にはプロテストを受け一次テストを通過するも結果的には不合格、その後もゴルファーとして活動するも賞金獲得など目立った成績は残せませんでした。

現在ではゴルフをしていないとのことで、大工の見習いなどをされているとのことです。

 

ロナウジーニョ選手

最後は世界一のサッカー選手でもあったロナウジーニョ選手です。

サッカーをあまり知らない方でも名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ロナウジーニョ選手はまずブラジル代表で2002年ワールドカップ優勝に貢献した選手です。

クラブではバルセロナやミランなどで活躍し特にバルセロナでは欧州チャンピオンズリーグ優勝にチームを導き2018年に現役を引退しました。

ただそんなロナウジーニョ選手、現役時代は相当稼いだそうですが現在はなんと借金地獄とのこと。

現役後に会社を設立し建築業を行ったそうですがそれが違法建築だったのがその原因とのことです。

ブラジルの自然保護区に建築をしてしまい裁判所から約2億円以上の罰金の支払いを命じられ結果的には預金残高が1000円以下になってしまったことが報道されています。

 

今回はサッカー選手の引退後の生活についてまとめさせていただきました。

特にロナウジーニョ選手の現在は私自身も衝撃でした。いづれも名サッカー選手であるのでまたサッカー界に関わってる姿も見てみたいですね。

-スポーツ選手のその後

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.