野球

メジャーリーグの開幕投手や開幕カード、注目選手を紹介【2020年版】

メジャーリーグのオープン戦がはじまり開幕が近づいてきました。

2020年のメジャーリーグは日本選手をはじめ注目投手が沢山います。

メジャーリーグの開幕投手は決まっているのでしょうか。

メジャーリーグの開幕投手や開幕カード、注目選手も含めて紹介します。

 

メジャーリーグの開幕日と開幕カード

メジャーリーグはア・リーグ14球団、ナ・リーグ16球団の全30球団で構成されています。

開幕戦は、すべて同じ2020年3月26日です。

開幕カードについてですが、すでに発表されています。

ここでは開幕カードについて紹介します。

開幕カード

 

この投稿をInstagramで見る

 

Star power in LA.

MLB ⚾(@mlb)がシェアした投稿 - 2020年 2月月10日午後5時41分PST

メジャーリーグ開幕戦の対戦カードは以下の通りです。

  • Wソックス vs ロイヤルズ
  • Dバックス vs ブレーブス
  • インディアンス vs タイガース
  • レイズ vs パイレーツ
  • メッツ vs ナショナルズ
  • ブリュワーズ vs カブス
  • オリオールズ  vs ヤンキース
  • ブルージェイズ vs Rソックス
  • アスレチックス vs ツインズ
  • アストロズ vs エンゼルス
  • パドレス vs ロッキーズ
  • ドジャース vs ジャイアンツ
  • マリナーズ vs レンジャーズ
  • レッズ vs カージナルス
  • マーリンズ vs フィリーズ

メジャーリーグの開幕戦は、地上波をはじめBSで配信されます。

特におすすめなのがDAZNで、DAZNは1日最大4試合ライブ配信と7日間の見逃し配信もあります。

エンゼルス、ヤンキースなど日本人選手が所属するチームを中心に配信予定ですので、注目してみてください。

 

メジャーリーグ開幕投手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Give us your thoughts. ⬇️

MLB ⚾(@mlb)がシェアした投稿 - 2020年 2月月15日午後3時05分PST

メジャーリーグの開幕投手はチームより発表されていません。

しかし、メジャーリーグの公式より先発投手が予想されていますので紹介します。

MLB.JPより参照

アメリカン・リーグ東部地区

・オリオールズ(ジョン・ミーンズ)

・レッドソックス(クリス・セール)

・ヤンキース(ゲリット・コール)

・レイズ(チャーリー・モートン)

・ブルージェイズ(柳賢振)

アメリカン・リーグ中部地区

・ホワイトソックス(ルーカス・ジオリト)

・インディアンス(シェーン・ビーバー)

・タイガース(マシュー・ボイド)

・ロイヤルズ(ブラッド・ケラー)

・ツインズ(ホゼ・ベリオス)

アメリカン・リーグ西部地区

・アストロズ(ジャスティン・バーランダー)

・エンゼルス(フリオ・テーラン)

・アスレチックス(マイク・ファイアーズ)

・マリナーズ(マルコ・ゴンザレス)

・レンジャーズ(マイク・マイナー)

ナショナル・リーグ東部地区

・ブレーブス(マイク・ソローカ)

・マーリンズ(サンディ・アルカンタラ)

・メッツ(ジェイコブ・デグロム)

・フィリーズ(アーロン・ノラ)

・ナショナルズ(マックス・シャーザー)

ナショナル・リーグ中部地区

・カブス(ジョン・レスター)

・レッズ(ルイス・カスティーヨ)

・ブリュワーズ(ブランドン・ウッドラフ)

・パイレーツ(ジョー・マスグローブ)

・カージナルス(ジャック・フラハティ)

ナショナル・リーグ西部地区

・ダイヤモンド・バックス(マディソン・バムガーナー)

・ロッキーズ(ジョン・グレイ)

・ドジャーズ(ウォーカー・ビューラー)

・パドレス(クリス・パダック)

・ジャイアンツ(ジョニー・クエイト)

 

メジャーリーグ開幕注目投手

メジャーリーグの開幕投手はどのチームも開幕ダッシュを図りたいため、チームのエースを先発させる可能性が考えられます。

ここではメジャーリーグの開幕投手の中で特に注目する選手を5人紹介します。

柳賢振(ブルージェイズ)

1人目は大韓民国出身の柳賢振(リュ・ヒョンジン)投手です。

2013年にドジャースでメジャーデビューし、これまでの通算成績は54勝33敗、防御率2.98です。

2019シーズンの防御率は2.32とメジャートップの防御率を誇ります。

身長190.5cm、体重115.7kgの左から投げるパワーのある速球は、数々の白星をあげて2019年にはサイ・ヤング賞候補にも名前があがりました。

2019年オフにドジャースからFAでブルージェイズに移籍し、ブルージェイズでもエース候補であり開幕投手候補ナンバーワンの呼び声高い投手です。

シェーン・ビーバー(インディアンス)

インディアンスのシェーン・ビーバー投手は、2019年のオールスターMVPを獲得した投手です。

2016年からメジャー入りし、2018年は11勝、2019年は15勝と成績をあげています。

シェーン・ビーバー投手の特徴は平均149km/hのフォーシームとスライダー、カーブを投げ、数々の三振をあげます。

2019年の奪三振の数は259個と世界が認める投手です。

インディアンスのエースとして開幕戦の三振も期待されます。

ジェイコブ・デグロム(ニューヨーク・メッツ)

ニューヨーク・メッツの大黒柱でもあるジェイコブ・デグロム投手は、2018、2019年ナ・リーグのサイ・ヤング賞を受賞しています。

愛称はデグロミネイターと呼ばれる投手です。

右から投げられる高速スライダーは、球界でも最高級の球を投げる投手と言われています。

メジャーデビューア25歳と遅咲きのメジャーリーガーですが、メジャー7年目の今シーズン、更なる活躍に注目が集まる投手です。

ジャスティン・バーランダー(アストロズ)

 

ジャスティン・バーランダー投手は、153km/hの速球と変化球を武器に数々の三振を奪う選手です。

2019年の成績は、21勝6敗とリーグ1位、防御率2.58・奪三振数(300)共にリーグ2位となっています。

2019年には歴代18人目となる通算3,000奪三振を達成し、サイ・ヤング賞を受賞しています。

サイン盗み問題で揺れるアストロズですが、その騒動を払拭する投球が期待されます。

マックス・シャーザー(ナショナルズ)

 

2015年に2度のノーヒットノーランを達成、通算で3度サイ・ヤング賞を受賞しているナショナルズのベテラン、マックス・シャーザー投手です。

サイドスローに近いスリークォーターから繰り出す148~154km/h(最速160km/h)のフォーシーム、スライダーを武器にしています。

2019年は花の骨折や背中の張りなどの数々の故障で十分な成績とはいきませんでしたが、ナショナルズには欠かせない存在です。

マックス・シャーザー投手の活躍に注目です。

 

さいごに

メジャーリーグの開幕投手候補の中には、日本人も挙げられています。

ヤンキースの田中将大投手やツインズの前田健太投手、ツインズの菊池雄星投手、カブスのダルビッシュ有投手、ブルージェイズの山口俊投手は先発ローテーションが予想されていますので日本人選手の開幕投手も十分にあります。

メジャーリーグに行った野手の活躍も期待されていますので、開幕からメジャーリーグに注目です。

 


-野球

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.