サッカー

日ハムの開幕投手はいったい誰か?開幕戦のスケジュールは?【2020シーズン版】

来月3月20日から、いよいよプロ野球の2020シーズンが始まります。

各チームの開幕投手はいったい誰になるのか、皆さんはもうチェックしましたか?

今回は中でも、北海道日本ハムファイターズの開幕投手について紹介すると共に、開幕戦のスケジュールをおさらいしたいと思います。

 

開幕投手は誰なのか?

日ハムの開幕投手はズバリ、有原航平投手です!

有原投手は2017年にも開幕投手を務めていますので、今回が2回目の指名となります。

発表されたのは2月21日、午後2時21分21秒という、「21」の数字が並ぶ、何やら意味がありそうな時間でした。

栗山監督によると、

「工藤幹夫投手以来の20勝達成、そしてその数字を超える圧倒的な活躍をしてもらいたい」

という思いから、「21」が多く並ぶ時間に開幕投手を発表したそうです。

また、

「選択肢は航平しかなかった」「大きなプレッシャーをかけても乗り越えてくれる」

と、有原投手に大きな信頼を寄せるコメントをしています。

 

有原投手とは?

有原投手は早稲田大学出身の、右投右打の選手です。

2014年にドラフト1位で日ハムに入団し、今年で6年目になります。

2015年から毎年多くの試合に登板しており、日ハムにはなくてはならない投手です。

昨シーズンは24試合に登板、勝率6割5分と、自身の中で最高勝率を収めました。

 

先ほども紹介したとおり、開幕投手は2017年以来2回目となります。

有原投手は、「結果で恩返ししたい」「自分の勝利ではなくチームに勢いをつけられる投球をしたい」と、決意をコメントで表しています。

2017年の開幕試合では5回6失点と精彩を欠き、試合も敗北してしまいました。

初の開幕投手から3年経ち、大きく躍進した有原投手が今回どんな投球を見せてくれるのか今から楽しみですね。

 

開幕戦スケジュール

次に、開幕戦のスケジュールについて整理しましょう。

 

・対戦相手 埼玉西武ライオンズ

・開催場所 メットライフドーム(埼玉)

・開始時間 14時

・相手チームの開幕投手  ザック・ニール(初)

 

開幕戦は西武の本拠地での対戦となります。

また西武の開幕投手は、ザック・ニール投手です。

開幕投手を務めるのは初めてですが、昨シーズンは17登板中12勝と好成績を残しているだけに、全く気が抜けません。

熱い戦いが期待できそうです。

 

西武との対戦成績は?

昨シーズンの日ハムと西武の対戦成績を調べてみると、11勝14敗でした。

日ハムの昨年の順位が5位、ということもあり、負け越してしまっています…

オフシーズンで、どこまでチームを完成させられるかが鍵となりそうです。

 

コロナウイルスの影響は?

新型コロナウイルスが日本国内で拡大する中、予定通り2020年シーズンが開催されるかは不安なところですね。

日本野球機構(NPB)はすでに、3月15日までに予定されている72試合のオープン戦、2月29日からの33試合の春季教育リーグや練習試合、計105試合を無観客で行うことを決定しています。

2020シーズンの開催については、3月9日の実行委員会、または開幕予定の5日前(3月15日)に判断を下す予定だそうです。

今シーズンは普段とは違い、東京五輪が開催されます。

プロ野球のシーズンと被っているので7月21日から8月13日に公式戦が中断、そもそも開幕戦の日付も普段より10日ほど早くなっています。

万が一開幕が延期されると、その後のスケジュールが、選手にとってもファンにとっても苦しいものとなってしまいます。

しかし第一は選手、ファン、プロ野球に関わる全ての人の健康です。

今は新型コロナウイルスが収束し、無事開幕してくれることを祈るばかりです。

 

もし無観客試合で開幕したら?

オープン戦のように、無観客試合の措置をとって開幕したらどうなるのでしょうか?

現在無観客試合で行われているオープン戦は、スカパーやDAZNなど、主に有料サービスで中継がされています。

よって同じように、開幕後に無観客試合となっても、試合自体はインターネットやテレビを通じて観戦できそうです。

ただ、観戦できるとはいっても、サービスの加入や機材の準備など、多少時間がかかります。

もし普段生で観戦している人は、無観客試合になってしまった際は早めにテレビ・インターネット観戦の用意をした方がよさそうです。

 

まとめ

いかがでしたか。

日ハムの開幕投手から、今シーズンが開催するかどうかまで紹介してみました。

今年はオープン戦の観戦ができないので、選手たちのプレーを生でみることができるのは最速でも開幕戦からとなります。

新型コロナウイルスも拡大し、開催できるかどうかは不透明ですが、今は信じて待ちましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-サッカー

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.