サッカー

国内海外のサッカーチーム一覧!初心者も丸わかり【2020年最新版】

国内、海外とサッカーのリーグや大会はとても沢山あります。

これからサッカーを知っていこうとする方は、どれを見ればいいか分からない、何が違うのか分からない、という方も多いはず。

そんな方にもサッカーを楽しんで貰えるように各リーグや大会の仕組みなどをまとめてみました。

 

日本代表

A代表

読み方はエー代表で年齢制限のない男子の日本代表の事を言います。

普段はそれぞれ別のクラブチームに所属しており、大会や試合、キャンプ等その都度招集されます。

愛称はサムライブルーですが余り浸透していないようです。

主な出場大会

ワールドカップ、アジアカップ

女子日本代表

愛称は『なでしこジャパン』です。

男子同様普段はそれぞれのクラブチームに所属しており、大会や試合等その都度招集されます。

主な出場大会

ワールドカップ、オリンピック、アルガルベカップ

アンダー代表

  • 男子

U-23、U-19、U-18、U-16、U-15などがあります。

男子のU-23はオリンピックの時に23歳以下の選手を対象とした代表チームです。

男子のオリンピックは23歳以下しか出場できない為、U-23が編成されました。

主な大会がオリンピックな為オリンピック代表などと呼ばれることもあります。

  • 女子

U-20、U-17があります。

女子はオリンピックに年齢制限がない為、U-20はU-20ワールドカップが主な出場大会となります。

以前は『ヤングなでしこ』と言う愛称で呼ばれていました。

 

Jリーグ

日本プロサッカーリーグの略です。

2020年現在でJ1、J2、J3とチームの強さで3つにカテゴリーが分かれており、合わせて59のクラブチームが加盟しています。

(J3にはJ1クラブのU-23がこれに加え3チームあります)

各リーグともホーム(本拠地)&アウェー(対戦相手の本拠地)の総当たりで戦います。

シーズンは2月後半頃から12月頭まで行われます。(カテゴリーにより若干異なる)

J1(ジェイワン)

J1は国内のトップリーグで18チームで戦います。

下位チームはJ2と入れ替えられるため18チームから変動しません。

2020年チーム一覧

  • 北海道コンサドーレ札幌
  • ベガルタ仙台
  • 鹿島アントラーズ
  • 浦和レッズ、
  • 柏レイソル
  • FC東京
  • 川崎フロンターレ
  • 横浜F・マリノス
  • 横浜FC
  • 湘南ベルマーレ
  • 清水エスパルス
  • 名古屋グランパス
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • ヴィッセル神戸
  • サンフレッチェ広島
  • サガン鳥栖
  • 大分トリニータ

J2(ジェイツー)

J2は国内の2部リーグで22チームで戦います。

上位は1部リーグのJ1に昇格することが出来(条件有り)下位は3部リーグのJ3に降格があります。

2020年チーム一覧

  • モンテディオ山形
  • 水戸ホーリーホック
  • 栃木SC
  • ザスパクサツ群馬
  • 大宮アルディージャ
  • ジェフユナイテッド千葉
  • 東京ヴェルディ
  • FC町田ゼルビア
  • ヴァンフォーレ甲府
  • 松本山雅FC
  • アルビレックス新潟
  • ツエーゲン金沢
  • ジュビロ磐田
  • 京都サンガF.C.
  • ファジアーノ岡山
  • レノファ山口FC
  • 徳島ヴォルティス
  • 愛媛FC
  • アビスパ福岡
  • ギラヴァンツ北九州
  • V・ファーレン長崎
  • FC琉球

J3(ジェイスリー)

J3は国内の3部リーグで19チーム(内3チームはJ1のU-23)で戦います。

2014年に出来たばかりのリーグでプロリーグでは一番下のカテゴリーとなります。

上位はJ2に昇格出来ますが比較的新しく参入したチームも多いので昇格条件(スタジアムの設備など)を満たしていないチームもあります。

J3はスタジアムの照明設置が必須ではないので昼間を中心に試合が行われるのも特徴的です。

2020年チーム一覧

  • ヴァンラーレ八戸
  • いわてグルージャ盛岡
  • ブラウブリッツ秋田
  • 福島ユナイテッドFC
  • Y.S.C.C.横浜
  • SC相模原
  • AC長野パルセイロ
  • カターレ富山
  • 藤枝MYFC
  • アスルクラロ沼津
  • FC岐阜
  • ガイナーレ鳥取
  • カマタマーレ讃岐
  • FC今治
  • ロアッソ熊本
  • 鹿児島ユナイテッドFC
  • FC東京U-23
  • ガンバ大阪U-23
  • セレッソ大阪U-23

 

日本女子サッカーリーグ

女子の全国リーグでプロとアマチュア混合のリーグになります。

1部、2部、チャレンジリーグ(3部)の三つのカテゴリーに分かれていてJリーグの傘下、実業団、市民クラブ、学校法人などのチームが加盟しています。

シーズンは男子のJリーグより若干短く3月後半から11月半ば頃まで行われ、男子同様ホーム&アウェイの総当たりで戦います。

現在のなでしこリーグとは別に2021年にプロリーグが創設される事が発表されています。

なでしこリーグ1部

1部は現在国内女子のトップリーグで10チームで戦います。

2020年チーム一覧

  • マイナビベガルタ仙台レディース
  • 浦和レッドダイヤモンズレディース
  • ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
  • 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
  • ノジマステラ神奈川相模原
  • アルビレックス新潟レディース
  • 伊賀FCくノ一三重
  • セレッソ大阪堺レディース
  • INAC神戸レオネッサ
  • 愛媛FCレディース

なでしこリーグ2部

国内女子2部リーグで10チームで戦います。

2020年チーム一覧

  • ちふれASエルフェン埼玉
  • FC十文字VENTUS
  • オルカ鴨川FC
  • スフィーダ世田谷FC
  • 日体大FIELDS横浜
  • ニッパツ横浜FCシーガルズ
  • 大和シルフィード
  • AC長野パルセイロ・レディース
  • バニーズ京都SC
  • ASハリマアルビオン

チャレンジリーグ(3部)

国内女子3部にあたるリーグで12チームがEAST、WESTと二つに分かれ3回総当たりで戦います。

2020年チーム一覧

ノルディーア北海道

つくばFCレディース

新潟医療福祉大学女子サッカー部

JFAアカデミー福島

静岡SSUアスレジーナ

NGUラブリッジ名古屋

スペランツァ大阪高槻

セレッソ大阪堺ガールズ

岡山湯郷Belle

吉備国際大学Charme岡山高梁

アンジュヴィオレ広島

福岡J・アンクラス

 

海外リーグ

海外にも様々なリーグがあります。

国内のリーグが春から始まり秋(晩秋)に終わる春秋制なのに対し、海外の主なリーグでは秋から始まり年をまたいで春に終わる秋春制で行われます。

  • プレミアリーグ
  • ブンデスリーガ
  • リーガ・エスパニョーラ
  • セリエA

は欧州四大リーグと呼ばれています。

それぞれの特徴を紹介します。

プレミアリーグ

イングランドの24部まであるリーグのトップをプレミアリーグと言います。(2部の名称はEFLチャンピオンシップ)

20のチームで戦います。

リーグの人気は世界一で有名選手が数多く所属しています。

現在所属する日本人選手は南野拓実(リバプール)、武藤嘉紀(ニューカッスル)です。

2019-2020年チーム一覧

  • ヴィラ
  • ノリッジ
  • アーセナル
  • ボーンマス
  • ブライトン
  • バーンリー
  • チェルシー
  • クリスタル・パレス
  • エヴァートン
  • レスター
  • リヴァプール
  • マンチェスター・C
  • マンチェスター・U
  • ニューカッスル
  • サウサンプトン
  • トッテナム
  • ワトフォード
  • ウェストハム
  • ウルヴァーハンプトン
  • シェフィールド・U

ブンデスリーガ

ドイツのプロリーグで3部まであり50のチームが参加しています。

正式名称は1部エアステ・ブンデスリーガ、2部ツヴァイテ・ブンデスリーガで、ブンデスリーガと言うと一般的には1部の事を指します。

観客動員数は世界一で日本人選手も多数所属しています。

現在所属する日本人選手は大迫勇也(ブレーメン)、長谷部誠(フランクフルト)、原口元気(ハノーバー・2部)などです。

2019-2020年チーム一覧

  • アウクスブルク
  • レヴァークーゼン
  • バイエルン
  • ドルトムント
  • ボルシアMG
  • フランクフルト
  • ホッフェンハイム
  • マインツ
  • シャルケ
  • ブレーメン
  • ヴォルフスブルク
  • ケルン
  • ヘルタ・ベルリン
  • フライブルク
  • ライプツィヒ
  • ウニオン・ベルリン
  • デュッセルドルフ
  • パーダーボルン

リーガ・エスパニョーラ

スペインのプロサッカーリーグで、正式名称はラ・リーガです。

プロリーグは1部のプリメーラ・ディビジョンと2部のセグンダ・ディビジョンがあり以下3部以降はプロアマ混合のリーグとなります。

リーガ・エスパニョーラと言うと一般的には1部のプリメーラ・ディビジョンを指します。

テクニックを見るならリーガ・エスパニョーラと言われています。

現在所属する日本人選手は久保建英(マジョルカ)、香川真司(サラゴサ・2部)、岡崎慎司(ウエスカ・2部)などです。

2019-2020年チーム一覧

  • アスレティック・ビルバオ
  • アトレティコ・マドリード
  • バルセロナ
  • ベティス
  • セルタ
  • ヘタフェ
  • グラナダ
  • レバンテ
  • エスパニョール
  • レアル・マドリード
  • レアル・ソシエダ
  • セビージャ
  • バレンシア
  • ビジャレアル
  • エイバル
  • アラベス
  • レガネス
  • オサスナ
  • バジャドリード
  • マジョルカ

セリエA

読み方はセリエ・アーで、イタリアプロサッカーリーグの1部を言います。

以下セリエB、セリエC1、C2と四つのプロリーグがあり、5部以下はアマチュアリーグとなります。

イタリアのバレーボールやバスケットボールなど他の競技のリーグでもセリエAの名称が使われていますが、一般的にはサッカーリーグの事を指します。

現在所属する日本人選手は吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)です。

2019-2020年チーム一覧

  • アタランタ
  • ボローニャ
  • フィオレンティーナ
  • ジェノア
  • インテル
  • ユヴェントス
  • ラツィオ
  • ミラン
  • ナポリ
  • ローマ
  • サンプドリア
  • トリノ
  • ウディネーゼ
  • サッスオーロ
  • ヴェローナ
  • カリアリ
  • SPAL
  • パルマ・カルチョ
  • ブレシャ
  • レッチェ

リーグ・アン

フランス、モナコのプロサッカーリーグの1部を言います。

2部もプロリーグでリーグ・ドゥと言い、3部以下はアマチュアリーグとなっています。

現在所属する日本人選手は酒井宏樹(マルセイユ)、川島永嗣(ストラスブール)です。

2019-2020年チーム一覧

  • アミアン
  • アンジェ
  • ボルドー
  • ブレスト
  • ディジョン
  • リール
  • リヨン
  • マルセイユ
  • メス
  • モナコ
  • モンペリエ
  • ナント
  • ニース
  • ニーム
  • パリ・サンジェルマン
  • レンヌ
  • サンテティエンヌ
  • スタッド・ランス
  • ストラスブール
  • トゥールーズ

 

クラブチーム国際大会

クラブチームでも様々な国際大会が行われています。

主なものをいくつかご紹介します。

FIFAクラブワールドカップ

クラブチームの世界一を決める大会で、以前はFIFAクラブ世界選手権と呼ばれていました。

  • AFCチャンピオンズリーグ(アジア)
  • CAFチャンピオンズリーグ(アフリカ)
  • CONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海)
  • コパ・リベルタドーレス(南米)
  • OFCチャンピオンズリーグ(オセアニア)
  • UEFAチャンピオンズリーグ(ヨーロッパ)

の各優勝クラブと開催国のリーグ優勝チームの7チームで戦います。

グループリーグはなく、トーナメントのみで行われます。

現在は毎年の開催ですが2021年から4年に1度の開催になる案もあるようです。

CL (チャンピオンズリーグ)/EL(ヨーロッパリーグ)

CLはヨーロッパの各リーグ上位の全32チームでナンバーワンを決める大会です。

前の年の成績を基に8グループに分けてグループリーグで戦い、その後各グループ上位2チームずつで決勝トーナメントを行い1位を決めます。

優勝するとFIFAクラブワールドカップへの出場権も得られます。

ELはCLに出場出来なかった48チームが戦います。

12のグループに分けてグループリーグで戦い、その後上位2チームずつで決勝トーナメントを行い1位を決めます。

ACL

AFCチャンピオンズリーグの略です。

アジアのクラブチームのナンバーワンを決める大会です。

日本からはJ1リーグ優勝チーム、天皇杯優勝チームが出場出来、2位3位のチームが本大会出場をかけプレーオフから戦います。(FIFAランキングにより変動)

優勝するとクラブチームの世界一を決める大会、FIFAクラブワールドカップへの出場権が得られます。

2020年の日本の出場チームは横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京の3チームです。

(鹿島アントラーズは惜しくもプレーオフで敗れてしまい本大会出場とはなりませんでした)

 

ナショナルチーム国際大会

国(地域)別の代表チームの主な大会をご紹介します。

FIFAワールドカップ

4年に1度行われるナショナルチーム(国、地域別代表)の世界一を決める国際大会です。

W杯などと表記されることもあります。

男子サッカーでは世界最高峰の大会とされていて世界最大のオーツイベントなどとも言われています。

大陸ごとの予選から選ばれた31か国(地域)+開催国の32チームで戦います。

8つのグループに分けてグループリーグを戦い、その後上位2チームずつで決勝トーナメント(ノックアウトステージ)を行い1位を決めます。

日本は1998年のフランス大会から6大会連続で出場しています。

FIFA女子ワールドカップ

1991年に初開催された女子のナショナルチームの国際大会で、4年に1度開催されます。

予選を通過した23か国+開催国の24チームで戦います。

6つのグループに分けてグループリーグを戦います。

その後上位2チームずつと各グループ3位のチームの内、成績上位4チームを加えた16チームで決勝トーナメントを行い1位を決めます。

オリンピックの前年開催の為、以前はオリンピックの予選としての役割もありました。(現在もヨーロッパはオリンピック予選を兼ねています)

オリンピック

男子サッカーは以前オリンピックがアマチュアのスポーツの祭典とされていたことからプロも参加できるワールドカップを作りました。

現在はプロも参加できるオリンピックですが、サッカーではワールドカップの価値が下がらないよう23歳以下の選手しか参加できません。

オーバーエイジ枠として24歳以上の選手を3名まで入れることが出来ます。

予選を通過した16か国でグループリーグ(予選)と決勝トーナメントを戦います。

女子はオリンピックも年齢制限がないことからワールドカップと並ぶ大きな大会とされています。

予選を通過した12か国でグループリーグ(予選)、決勝トーナメントを戦います。

オリンピックは期間が短く日程が足りない為、開会式より先に予選が始まります。

EURO(ユーロ)

UEFA欧州選手権が正式名称で4年に1度ヨーロッパのナンバーワンを決める大会です。

予選を通過した24か国でグループリーグ(1次ラウンド)、決勝トーナメントを戦います。

ヨーロッパではワールドカップ同様重要な大会とされています。

ヨーロッパ以外の大陸選手権はアジアのAFCアジアカップ、アフリカのアフリカネイションズカップ、北中米カリブ海のCONCACAFゴールドカップ、南アメリカのコパ・アメリカ、オセアニアのOFCネイションズカップがあります。

 

主なリーグや大会をご紹介しました。

各リーグや大会によって色々な特色がありますので色々見比べて好きなリーグやチームを探していただけたらと思います。

 

-サッカー

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.