動画配信サービス

DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法8選|これで簡単に安く視聴できる!

DAZNは、スポーツ観戦を様々なデバイスから楽しめることで人気な動画配信サービスです。

中でもテレビの大画面での観戦は、臨場感もあり、大人数で快適に視聴できるので非常におすすめです。

今回はテレビ観戦に必要な機器と接続方法、それぞれのメリットやデメリットなどをまとめてみました。

ご家庭に対応している機器が既にある場合、今日からでもテレビ観戦ができますので、ぜひ本記事を参考に確認してみてください。

いますぐDAZNの公式サイトにいく

 

必要な環境

DAZNをテレビで視聴するには、テレビや、以下で紹介していく視聴機器の他に、

  • DAZNアカウント
  • インターネット回線

の二つが必要です。

インターネット回線については、購入する機器や自宅の環境によって、用意すべき回線が異なる場合もあります。

まずは、DAZNでのテレビ視聴に対応している機器を確認していきます。

 

対応機器

DAZNをテレビで視聴する場合は、以下のいずれかの機器が必要になります。

テレビで見るために必要な機器一覧

  • Amazon Fire TV Stick
  • Amazon Fire TV Stick 4K
  • Chromecast
  • Apple TV
  • スマートテレビ(対応モデルのみ
  • ゲーム機
  • ひかりT Vチューナー
  • Air Stick 4K

たくさんの方法がありますね。

念のため繰り返しますが、一覧の全部が必要なわけではなく、このうちいずれか1つが必要です。

それぞれの機器ごとにメリットやデメリットがあるので、詳しくみていきましょう。

どうテレビと接続するのかについても簡単に紹介していきます。

 

1 ) Fire TV Stick

Amazonが販売している、スティック状の機器です。

テレビがDAZNに対応していなくても、テレビのHDMI端子に挿すだけで視聴できるのでお手軽です。

持ち運んで、他のテレビにも使い回しができます。

AmazonプライムビデオやNetflixなど、DAZN以外の動画配信サービスにも対応しています。

世代によっては有線接続ができないので、有線接続したい場合は世代を確認しておくと安心です。

対応機種…Fire TV Stick(第2世代)、Amazon Fire TV(第3世代)、Fire TV Stick 4K

また購入前に、家庭にあるテレビにFire TV Stickを挿す、HDMI端子があるか確認しましょう。

メリット

  • 対応機器の中では比較的価格が安い
  • コンパクトで持ち運びが簡単
  • 手軽に設置できる
  • アレクサに対応

デメリット

  • 2に比べて操作性がやや重たい
  • 4Kに非対応

設置方法

簡単な流れ

  1. テレビのHDMI端子にFire TV Stickを挿す
  2. 電源をコンセントにつなぐ
  3. インターネットに、WiFi(無線)またはLANケーブル(有線)で接続
    ※有線接続したい場合は、別売りの「Amazon イーサネットアダプタ」が必要です

 

2) Fire TV Stick 4K

1よりも機能が向上したモデルです。

旧モデルよりも、滑らかな映像が特徴です。

4K映像に対応しており、綺麗な映像を楽しめます。

DAZNも今後、4K映像に対応すると発表しているようです。

操作性も旧モデルより良く、高機能なため、1と2で迷っている人はこちらのモデルが断然おすすめです。

ただFire TV Stickに比べ価格がやや高いので、価格面で機器を選ぶ場合は注意しましょう。

メリット

  • 4Kに対応
  • 操作性、機能が良い
  • 1に備わっている便利な機能は大体持っている例)アレクサ、他の動画配信サービスに対応
  • 不具合が起きる可能性が少ない

デメリット

  • 1に比べ、価格が高い

設置方法

簡単な流れ

  1. テレビのHDMI端子に専用ケーブルで繋げる
  2. 電源をコンセントにつなぐ
  3. インターネットには、WiFi(無線)またはL A Nケーブル(有線)で接続※有線接続したい場合は、別売りの「Amazon イーサネットアダプタ」が必要です

 

3)Chromecast

Googleが販売している機器です。

テレビのHDMI端子に接続すると 、Wi-Fiを利用して、スマホやタブレット、パソコンでの映像を映し出すことができます。

こちらも、HuluやYoutubeなどの動画配信サービスに対応しています。

スマホがリモコンになるので便利です。

価格も安価で、1、2と共に人気商品となっています。

メリット

  • スマホをリモコンとして使える
  • コンパクトで、設置が簡単
  • 価格が安い

デメリット

  • スマホが必ず必要。

設置方法

簡単な流れ

  1. テレビのHDMI端子Chromecastを挿す
  2. 電源をコンセントにつなぐ
  3. インターネットには、WiFi(無線)で接続。必ずWiFi環境が必要です(次項で詳しく解説)
  4. スマホでGoogle Home アプリをインストール
  5. DAZNのアプリをインストールして視聴する

 

4)Apple TV

Appleが販売している機器です。

テレビに接続すると、Wi-Fi経由で動画、ゲーム、アプリ、アップルミュージック、写真などの多くのコンテンツを楽しめます。

有線接続にも対応しています。

しかし他の機器に比べて価格が高くなっています。(15,800円)

5,000円ほどで購入できるFire TV StickやChromecαstの方がお勧めかと思います。

また、Amazonでは販売しておらず、Amazonプライムビデオは非対応となっています。(AppleとAmazonはライバルのため。)

メリット

  • 多くのコンテンツが楽しめる
  • アップルならではのシンプルで洗練されたデザイン
  • Apple TV RemoteでiPadやiPhone、iPod touchからコントロールできる

デメリット

  • 価格が高い
  • Amazonでの購入ができない
  • Amazonプライムビデオ非対応

設置方法

簡単な流れ

  • 電源をコンセントにつなぐ
  • テレビのHDMI端子にApple TVを接続
  • EthernetケーブルまたはWiFi(無線)でインターネットに接続
  • テレビの電源を入れて設定
  • リモコンで操作

 

 

5)スマートテレビ

インターネット機能が備わっているテレビのことをスマートテレビといいます。

対応していれば、DAZNの他にもHuluなどの人気の動画配信サービスも利用できます。

しかしテレビ自体を購入するのは高価なので、買い替え予定がある場合の手段にしましょう。

ソニー、パナソニック、LG、東芝の一部のテレビに対応しています。

詳しい機種は各会社のサイトを確認しましょう。

メリット

  • 対応モデルを持っていれば周辺機器の追加購入の必要なし

デメリット

  • 新しく購入する場合は高価

設置方法

簡単な流れ

  1. インターネットには、WiFi(無線)もしくはLANケーブル(有線)で接続
  2. テレビのアプリを起動。DAZNのアプリで視聴。リモコンで操作可能

 

6)ゲーム機

  • PSシリーズ(ソニー)
    PS3、PS4、PS4 Pro
  • X box One(マイクロソフト)シリーズ
    X box One、X box One S、X box One X

の2シリーズがDAZNに対応しています。

普段から上のようなゲーム機を使っている人は、周辺機器の追加購入なしですぐに視聴でき、非常に便利です。

各ゲーム機にDAZNアプリをインストールすれば、すぐに視聴が可能です。

メリット

  • 対応機種を持っているなら追加購入は必要なし
  • ゲームの他に、ブルーレイ、DVD視聴も可能

デメリット

  • ゲームをしない人にとってはメリットが少ない

設置方法

簡単な流れ

  1. インターネットには、WiFi(無線)もしくはLANケーブル(有線)で接続
  2. ゲーム機のDAZNのアプリで視聴

 

7)ひかりTVチューナー

ひかりT Vを視聴するための専用機器です。

ST -3400が今のところDAZNに対応しています。

ただ、ひかりTVを視聴できるのは、全国のドコモショップなどでひかりTVを登録している人のみです。

メリット

  • ひかりT Vに対応している

デメリット

  • チューナーに毎月レンタル料金がかかる
  • 他の動画配信サービスに未対応

設置方法

簡単な流れ

  • ひかりTVのホーム画面でDAZNパネルを選択
  • DAZNのアカウントでログインして視聴

 

8)Air Stick /Air Stick 4K

CCC AIRから発売されている機器です。

最初に紹介した、Fire TV StickのAndroidバージョンのようなもの、と考えると想像しやすいかと思います。

テレビのHDMI端子に接続すると視聴ができます。

スペックを比較すると、全体的にこちらのAir Stickシリーズの方が高くなっています。

が、Fire TV Stickでも、DAZNを視聴するにあたってはそこまで支障はありません。

しかし値段はFire TV Stickより高いこともあり、おすすめ度は低いです。

メリット

  • Fire TV Stickよりもスペックが高い
  • リモコンを横向きにして、簡単なゲームもできる

デメリット

  • 価格が高い

設置方法

簡単な流れ

  1. 本体と電源ケーブルを挿す
  2. テレビのHDMI端子に繋ぐ
  3. コンセントに挿す

※Fire TVという機器が以前販売されていたが、現在は販売されていませんので省略します。

筆者はFire TV Stickを使ってDAZNを視聴しています。

また筆者の家族は4K対応版を使っています。

どちらも今のところ特に不具合もなく、快適にDAZNを楽しんでいます。

何を購入するか迷っている人は、価格もお手頃で、利用できるサービスも多いAmazon Fire TV Stickシリーズをおすすめします!

ただ使用しているインターネット回線の調子によっては、時おり映像が止まったり、乱れたりすることもあります。

次にDAZNのテレビ視聴に必要不可欠なインターネット回線について紹介します。

 

インターネット回線

テレビでDAZNを視聴するためには、一つ上の項で紹介した機器と、インターネット回線を接続することが必要です。

まずはフレッツ光などの、インターネットの登録がされているか確認しましょう。

インターネット回線がある場合は、

無線:Wi-Fi接続

有線:LAN接続

のいずれかで接続しましょう。

 

無線:Wi-Fi接続

Wi-Fiルーターを用いて接続する方法です。

配線がこんがらがる心配もなく、非常に便利です。

今では簡単にWi-Fi環境を自宅に整えることが可能です。

家電量販店やプロバイダに問い合わせたり、ルーターの貸し出しプランを調べたりしてみましょう。

 

有線:LAN接続

LANケーブルを使ってインターネットを利用する方法です。

パソコンをインターネットに接続する方法としてはメジャーなものですね。

また有線接続にすると、画質や速度が比較的安定するのもメリットです。

デメリットとしては、LANケーブルを、接続したい機器まで伸ばさなければいけない点です。

配線が届かなかったり、配線がこんがらがったりする可能性があります。

Fire TV Stick、Fire TV Stick 4Kを有線接続する場合は、別売りの「Amazon イーサネットアダプタ」の購入が必要ですので注意しましょう。

 

インターネット回線がない時は?

住んでいるところにインターネット回線がない場合は、ポケットWi-Fiを用いる、という選択肢もあります。

持ち運びできるので、出かけた先でもWi-Fiを使うことができるのがメリットです。

工事も不要で、特にアパートなどの借家に住んでいる人におすすめです。

ただ、どうしてもインターネット回線を用いる方法に比べると速度は落ちてしまうので、画質が低かったり、読み込みに時間がかかる場合があります。

画質を重視する人は、手間もかかりますが、インターネット回線を引くようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

自分にあった機器が見つかったのなら嬉しいです。

筆者おすすめは、やはりコスパも機能も良いFire TV Stickシリーズです。

皆さんもぜひテレビの大画面で、迫力あるスポーツ観戦を楽しんでみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

DAZNの無料体験に登録する

-動画配信サービス

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.